ニュース
木村沙織選手がトルコのバレーボールチーム
「ガラタサライ・ダイキン」に移籍
── ダイキン

 女子バレーボール日本代表新主将の木村沙織選手が、ダイキン工業株式会社の子会社ダイキントルコ社がスポンサー契約を結んでいる名門チーム「ガラタサライ・ダイキン」に移籍することに合意。

 トルコでは、欧州やアジアなど世界トップクラスの選手が多くプレーしているため、地元メディアが「国連リーグ」と呼ぶほどバレーボールの人気がある。また、欧州各国の上位チームで競う欧州チャンピオンズリーグでも、トルコのクラブチームは、ここ数年は毎年のように上位に食い込んでいる。
 「ガラタサライ・ダイキン」は、総合スポーツクラブであるガラタサライ・スポル・クリュビュの女子バレーボール部門として、1922年に創設(当時のチーム名:ガラタサライ)され、トルコ女子リーグで優勝4回を誇る。ダイキントルコ社が2012年10月よりスポンサー契約を結んでいる。

 木村選手は日本国内のVプレミアリーグでの活躍を経て、2012年10月よりトルコの「ワクフバンク・スポーツクラブ」でプレーしてきた。同国リーグで2年目を迎えるにあたって木村選手は、今回「ガラタサライ・ダイキン」に移籍し、トルコでの選手活動を続けることを決断。

木村沙織選手のコメント
 海外移籍2年目を「ガラタサライ・ダイキン」にてチャレンジすることになりました。 初年度は、あまり試合で結果を残すことができませんでしたが、そんな自分をしっかりと見ていていただき、熱いオファーをいただいた、マッシモ監督には本当に感謝をしています。
 昨シーズンは本当に多くのことを経験させていただきました。引退を決意したときもありましたが、日本代表のキャプテンをお受けすることになり、キャプテンとしてチームを引っ張っていくためにも、この2年目の海外挑戦は非常に重要であると感じています。いい意味で自分の殻を破って、この大きなチャレンジを思う存分楽しみたいと思っています。これからも応援よろしくお願いいたします。

マッシモ・バルボリーニ監督のコメント
 世界的に優秀なプレーヤーである木村沙織選手の我々「ガラタサライ・ダイキン」への移籍が決まって大変嬉しく思っています。木村選手は、日本代表チームの主将に選ばれた優秀な選手であり、伝統ある日本のバレーボール界にあって最も重要な選手であると評価しています。彼女が技術的にはもちろん、チームのフォーメーションにも必要であり、効果の期待できる移籍といえます。


▶問い合わせ
ダイキン工業株式会社 コーポレートコミュニケーション室
本  社:〒530-8323 大阪市北区中崎西二丁目4番12号(梅田センタービル)
本  社:TEL 06-6373-4348(ダイヤルイン)
東京支社:〒108-0075 東京都港区港南二丁目18番1号(JR品川イーストビル)
東京支社:TEL 03-6716-0112(ダイヤルイン)

[リリース配信:共同通信PRワイヤー 6月5日配信]




木村沙織選手

■ガラタサライ・ダイキンについて
  「ガラタサライ・ダイキン」は1905 年に創設の総合スポーツクラブ「ガラタサライ・スポール・クリュビュ」傘下の女子バレーボールチームです。
  「ガラタサライ・スポル・クリュビュ」は、男子サッカーをはじめ、男女バレーボール、男女バスケットボールのみならず、車椅子バスケットボール、陸上競技、馬術、柔道、ボート競技、セーリング、水泳、男女水球、テニス、ハンドボール、モータースポーツなどさまざまな競技を行う総合スポーツクラブです。
 2012 年にガラタサライ女子バレーボールチームはダイキントルコ社とスポンサー契約を締結し、チーム名が「ガラタサライ・ダイキン」となりました。

<沿革・成績>
1922年 ガラタサライ女子バレーボールチーム創設
1954年 リーグ発足以降、イスタンブルリーグで6 度、トルコリーグで4 度優勝
2009~2010年シーズン
 CEV チャレンジカップ 3 位
2011~2012年シーズン
 CEV 欧州チャンピオンズリーグ 2 位
2012~2013年シーズン
 トルコリーグ 3 位 / トルコカップ 3 位
 CEV 欧州チャンピオンズリーグ 4 位

■ダイキントルコ社について
 トルコでは経済成長が続き、2012 年の名目GDP ランキングでは、世界第17 位、欧州第7 位にランクされる経済規模に拡大中です。2023 年の建国100 周年には世界トップ10 入りをめざしており、将来の経済規模の拡大に伴い空調市場も急速に拡大していくものと推定されます。当社は2011 年にダイキントルコ社を設立し、外資系空調メーカーとしていち早く自前での製造・販売に参入、トルコ空調市場で本格的な事業展開を行っています。国民的に関心の高いバレーボールチームのスポンサーとなることで、現地における知名度アップを図るとともに、トルコのスポーツ振興にささやかながら貢献していきたいと考えています。