ニュース
一般講演会「ヒッグス粒子発見」を開催
小林富雄(東大)・寄田浩平(早大)・北野龍一郎(KEK)
各氏が講演
── 早稲田大学

2013年ノーベル物理学賞にかがやいた「ヒッグス粒子」。
ヒッグス粒子は、宇宙を今ある姿にするには欠かせない存在であるが、
これまでとらえることができなかった。

世界の研究者が集結して作った最先端の研究装置LHCでついにとらえることに成功した。
そのドラマと、素粒子研究の今後に迫ります。

日 時/2013年10月27日(日)
日 時/12:00 開場
日 時/13:30 開演
日 時/終了は16時頃を予定
場 所/早稲田大学 国際会議場 井深大記念ホール
場 所/(最寄り駅:早稲田駅(東西線、都電荒川線)、西早稲田(都営バス))
共 催/早稲田大学 理工学研究所
共 催/東京大学 素粒子物理国際研究センター
共 催/新学術領域研究「先端加速器 LHC が切り拓くテラスケールの素粒子物理学」
登壇者/司会:小林富雄(東京大学 素粒子物理国際研究センター)
登壇者/寄田浩平(早稲田大学 理工学研究所・先進理工学部物理学科)
登壇者/北野龍一郎(高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所)
定 員/450名(先着順)、主として一般の方を対象
参加費/参加費・参加登録不要



▶イベントについての問い合わせ
早稲田大学 素粒子物理学実験 寄田研究室
Tel/Fax:03-5286-2722(寄田研究室)
事務室 03-3203-7613
E-mail:higgs@list.waseda.jp

▶この件に関する問い合わせ
早稲田大学 広報室広報課(担当:月田(つきだ))
TEL:03-3202-5454
E-mail:koho@list.waseda.jp


[リリース配信:共同通信PRワイヤー 10月9日配信]