ニュース
伝統の「早明戦」に、
ユーミンが『ノーサイド』を。
“さよなら国立競技場” 12.1ラグビー早明戦で観客が一つになる
──「国立をホームにしよう。」プロジェクト

 12月1日に開催される「ラグビー早明戦」のクライマックスに、ラグビーファンで知られるシンガー・ソングライターの松任谷由実さんが、ピッチ上で1984年のヒット曲『ノーサイド』を披露することが決定した。2020年東京オリンピック・パラリンピック開催のため、改修工事が行われる国立競技場。それに伴い、40年続いた現行の同会場での早明戦はファイナルとなる。有終の美を飾るべく歌われる名曲『ノーサイド』で、国民的スポーツイベントの新たな歴史のスタートを祝福する。

 90年目の節目である今年、数々の名試合の歴史がつまった現行の国立での開催は最後となるため、早稲田・明治の両校ではこれまでのファンへの感謝と、未来の日本ラグビーの発展のため「国立をホームにしよう。」プロジェクトを立ち上げた。その締めくくりとして、ラグビーを題材にした『ノーサイド』が大観衆の前で披露されます。松任谷由実さんは、「枯れた芝生は鮮やかな緑になったけれど、あの時と変わらぬスピリットを“国立”からは感じます。当日は、このフィールドを駆け抜けた幾多のラガーマンたちの“NO SIDE ”を胸に、万感をこめて歌いたいと思います」と12月1日への熱い想いを語ってくれました。また、ご主人で音楽プロデューサーの松任谷正隆さんも大のラグビーファンで、今回、演奏者として参加する予定です。

 2019年にはアジア初のラグビーW杯が日本で開催され、2020年東京オリンピック・パラリンピックの競技種目となったラグビーはますます注目を浴びています。そのなかでも、過去200万人もの観客を熱狂させた「ラグビー早明戦」は冬の風物詩となっており、80年代には1試合で7万人近い観客動員数を記録しました。今年の試合のチケットの売れ行きはここ数年になく好調です。

 また、試合前には両校学生による応援パフォーマンスの披露や、国立競技場での最後の早明戦を記念した特別プログラム「国立をホームにしよう。12.1早明戦 FINAL MATCH 2013」(税込1,000円)を販売します。12月1日の国立競技場は、老若男女が楽しめるエンターテインメントの場所になることでしょう。


■試合のチケット
A指定席(2,500円)、B自由席(2,000円)、C自由席(1,500円)他
日本ラグビーフットボール協会公式チケット販売サイト
Ticket RUGBY(チケットラグビー) 、各プレイガイド(チケットぴあ、ローソンチケット、e+)他にて発売中。
詳しくは関東ラグビー協会の 公式HP までお問い合わせください。


■記念プログラム
1.タイトル/「国立をホームにしよう。12.1早明戦 FINAL MATCH 2013」
2.体裁/A4判・オールカラー、40ページ
3.名義/発売:「国立をホームにしよう。」プロジェクト
3.名義/販売:ぴあ株式会社
4.価格/1,000円(税込)
5.コンテンツ/清宮克幸氏×吉田義人氏による両校ラグビー部OB対談 他
6.販売方法

<◎記念プログラム直接販売>
・試合当日 国立競技場コンコース・プログラム販売所
・11月7日(木)10時販売開始
ぴあBOOKSHOP(通信販売サイト
※試合後に随時発送致します。ご留意ください。

<◎記念プログラム事前予約(試合当日、国立競技場コンコースでの引き換え)>
11月6日(水)10時~販売開始
・日本ラグビーフットボール協会公式チケット販売サイト Ticket RUGBY(チケットラグビー)
・チケットぴあ(WEB http://pia.jp/rugby、ぴあ店舗、セブン‐イレブン、サークルKサンクス) Pコード:597-600
※上記販売窓口にて、記念プログラムお引き換えチケットをご購入のうえ、試合当日に試合会場で記念プログラムとお引き換えください。



▶問い合わせ:「国立をホームにしよう。」プロジェクト
早稲田大学蹴球部ホームページ
明治大学ラグビー部ホームページ


[リリース配信:共同通信PRワイヤー 11月5日配信]




写真01
写真02


■「国立をホームにしよう。」プロジェクトとは
 2020年東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場である国立競技場は来年から改修工事がはじまり、12月1日に行われる早明戦が現行の国立競技場での“最後の早明戦”となります。これを機会に、大学ラグビーの伝統校であり宿敵の早稲田大学と明治大学が立ち上がり、「国立をホームにしよう。」プロジェクトを発足したと2013年9月に報道各社へ今回の計画を発表しました。「日本中にラグビーの魅力を伝え、夢と勇気と感動を与える」というミッションを掲げ、より多くの人たちにラグビーの魅力を伝えていく活動をしています。
 同プロジェクトは、2019年に日本開催が決定しているラグビーW杯へ向け、応援する観客席のファン同士にも盛り上がってもらえるよう、“国立競技場をどちらの大学が「ホーム(=本拠地)グラウンド」にできるかを競い合う”というものです。かつて多くの人々を魅了した伝統の一戦をきかっけに、ラグビー人気の再燃をめざしています。


■ご参考
同プロジェクトの活動を紹介する両校のホームページ
*「エンジニアンズ」
 (早稲田ラグビー応援集団・学生有志団体)
 https://www.facebook.com/enginians2013
*明治がひとつになる日『国立で校歌を歌おう』
 https://wwww.facebook.com/meijisoumei